北村早樹子 公式サイト

更新!!

おしらせ

北村早樹子のビニ本!『ひとりで脱げるもん』☆北村直販はじめます!


(全30ページ、オールカラー、1000円)
セクシー写真集(水着まで)を自主制作しました!
カメラマンは飯田華子さん、デザイナーは市川力夫さんです。
書き下ろしエッセイ付、身体だけ裸になるのではなく、文章で内面も裸になっております。
見方によってはエッチだけど、可愛い装丁で、男女問わず抵抗なくお求めいただける品となっております。
☆☆☆北村直販をはじめます!
ご希望の方はkitamurasakiko.info@gmail.comまで、件名に北村直販希望と書いてメールくだされば、
秘密の北村直販のシステムを返信いたします。

IKAZUGOKE 1stアルバム『IKAZUGOKE』発売!

IKAZUGOKE

詳細は、IKAZUGOKEホームページへ!

IKAZUGOKEアルバム発売ギグの情報は、すぐ下のスケジュールへ!

新連載がはじまりました!!!!

憧れのナックルズ誌で、憧れのヤクザライター鈴木智彦さんとタッグを組んでお届けします、『北村早樹子の極女入門!ヤクザなんでもQ&A』
みんな知りたいけど意外とむつかしいヤクザのことをヤクザのプロ鈴木智彦さんに白痴レベルから教えてもらっちゃおうという連載ですよ〜。

『文學界』にエッセイ寄稿しました!!

『文學界』9月号の22ページに、「タチアオイ畑でつかまえて」というエッセイを寄稿しました。堅気の文芸誌でははじめてです。ぜひお手に取ってみてください☆

『実話ナックルズスペシャル2018冬号』

憧れのナックルズにIKAZUGOKE載りました!なんと表紙にもちょっぴり登場!鈴木智彦さんが記事を書いてくださりました。

スケジュール

5月5日(土)『GIGA IDOL』場所:秋葉原グッドマン http://clubgoodman.com/

☆IKAZUGOKEでのライブです。わたしたちの出番は16:40頃〜です。

5月11日(金)『早樹子、高円寺気分』場所:高円寺円盤 http://enban.web.fc2.com/

  • 時間:19時半開場20時開演
  • チャージ:1500円ドリンク付
  • 出演:北村早樹子、以上

☆月例の円盤ワンマンです。MCゼロ、拍手もゼロ、ひとりで淡々と歌だけを突き詰める真剣勝負。でも最後はちょっとだけ気の抜けたおしゃべりコーナーもあります&この日しか配らない「早樹子のてきとう新聞」というのも配布します。

5月20(日)『南海放送ラジフェス2018 FnamトレインJ太郎号出発進行!』

☆杉作J太郎さんに呼んでいただきました。松山市を走るちんちん電車の中でライブをします。

6月1日(金)『第四回 北村早樹子トイピアノワンマン with 榎本美月』場所:下北沢レテ http://www.l-ete.jp/

  • 時間:19時開場20時開演
  • 料金:予約2000円当日2300円+1ドリンク
    出演:北村早樹子、榎本美月

☆3か月に1回のトイピアノワンマン。かわいいレテでかわいいセットで1時間歌います。

6月8日(金)『早樹子、高円寺気分』場所:高円寺円盤 http://enban.web.fc2.com/

  • 時間:19時半開場20時開演
  • チャージ:1500円ドリンク付
  • 出演:北村早樹子、以上

☆月例の円盤ワンマンです。MCゼロ、拍手もゼロ、ひとりで淡々と歌だけを突き詰める真剣勝負。でも最後はちょっとだけ気の抜けたおしゃべりコーナーもあります&この日しか配らない「早樹子のてきとう新聞」というのも配布します。

その他のおしらせ

『溺死ジャーナルNEXT』に小説寄稿しました!

もう在庫たぶんありませんが松本亀吉さん責任編集『溺死ジャーナルNEXT』に「色ざんげ」という小説を寄稿しました。こちらは本当に門外不出級のやばい内容なのですが亀吉さんに「『溺ジャ』でしか書けないやばいやつお願いします」と依頼していただいたので書きました。しかしわたしの文なんかよりなにより、亀吉さんの編集後記がいちばん泣けます。あと大橋裕之さんの絵!

月刊官能文芸誌『特選小説』にて連載開始!!

月刊官能文芸誌『特選小説』にて、北村早樹子の「マイクを握って♡」というほんのりエロいエッセイ連載はじまります! 『特選小説』は岩井志麻子せんせい、森下くるみさん、ドルショック竹下さんと、大好きな方がたくさん書いておられる雑誌なのでたいへんうれしい! これを機にみなさま手にとってみてください! 連載ページのイラストはもちろん飯田華子さんです☆

北村早樹子の「そんなに不幸が嫌かよ!」

わたしが連載エッセイや連載小説、コラム、書評などの文章をお送りする【北村早樹子の「そんなに不幸が嫌かよ!」】というメールマガジンがはじまりました。ぜひご登録を。毎月月末配信。無料です。バックナンバーもここから読めます(2017年6月号で終了しました、2年間ありがとうございました)

http://www.mag2.com/m/0001664038.html

テレビブロス姉妹誌『Culture Bros.vol.6』

コラム『極私的おっさん見聞録』がついに連載になりました! わーい! 巻末に4ページどーんと載ってます。題字は今回も飯田華子さん! カストリ雑誌風のイカした絵&字を書いてくれて素敵なページに仕上がってます。読んでね☆ (←残念ながら休刊中)

プロフィール

北村早樹子

北村早樹子

1985年大阪府生まれ。
高校生の頃より歌をつくって歌いはじめ、2006年にファーストアルバム『聴心器』をリリース。
以降、『おもかげ』『明るみ』『ガール・ウォーズ』『わたしのライオン』の5枚のオリジナルアルバムと、2015年にはヒット曲なんて一曲もないくせに『グレイテスト・ヒッツ』なるベストアルバムを堂々とリリース。
白石晃士監督『殺人ワークショップ』や木村文洋監督『へばの』『息衝く』など映画の主題歌を作ったり、杉作J太郎監督の10年がかりの映画『チョコレートデリンジャー』の劇伴音楽をつとめたりもする。
また課外活動として、雑誌にエッセイや小説などを寄稿する執筆活動をしたり、劇団SWANNYや劇団サンプルのお芝居に役者として参加したりもする。
うっかり何かの間違いでフジテレビ系『アウト×デラックス』に出演したり、現在はキンチョー社のトイレの消臭剤クリーンフローのテレビCMにちょこっと出演したりしている。
2017年3月、超特殊装丁の小説『裸の村』(円盤/リクロ舎)を飯田華子さんと共著で刊行。
だんだん何の人だかわからなくなってきている個人事業主。

IKAZUGOKE

IKAZUGOKE

IKAZUGOKE公式サイト

北村早樹子 with 大バンド

北村早樹子 with 大バンド

北村早樹子 with 大バンド

お問い合わせ

北村早樹子へのライブ依頼はコチラ

kitamurasakiko.info@gmail.com

その他のお仕事依頼はコチラ

warabisco15@yahoo.co.jp

北村早樹子プロフィールはコチラ

プロフィール

Twitter Instagram


KSite script by Office K.